スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

大型二輪教習、1日目(1時限目)

本日から、実技教習の始まりです。
1段間の1時限目・2時限目を連チャンで行ってきましたよ。

1時限目・・・
教習原簿を持って、待合室へ。
教習生が皆揃って、プロテクターを着けてるので、勝手が分からないけど
見よう見真似でつける。
膝あて・肘あて・上半身(オフロードで付ける奴)を、準備万端にして教官を待つ。

教習前に、皆でストレッチが始まる。上半身プロテクタが邪魔で
上半身のストレッチが、上手くできず、結局外す羽目に・・・
※教習前にストレッチがあるので、上半身のはつけないこと、を学ぶ
担当教官が出てきて、ご挨拶。感じのいい、おじさまに、一安心。
最初に教習の流れを簡単に説明してもらった。

そして、いよいよ大きなバイクとご対面。
やっぱり一回り大きいね・・・ちょっと、本物を前にビビる。

教官の見本の動作を習って、バイクの扱い方を一通り教えてもらう。

センタースタンドの立て方
・・・なんなくクリア。
バイク起こし
・・・一番気になっていた項目だけに、「やっぱりやるのね」と焦る。
  何年かぶりに大きく踏ん張って、何とか起き上がらせる。
  その後、教官に「はい、反対側にも倒してぇ?」と催促され、
  「え?!もっかいやるの?!」と心底思ったが、なんとかなんとか起こせた。

このあたりで、もうヘトヘト・・・笑
この後のことを考えると、正直ちょっと嫌になりました。

この後
・センタースタンドを起こしたまま、ライディング時の注意
・近くの黒板を使って、コースの説明
を受けて、ようやく走行実習になった。

アクセル・ブレーキの感覚を確認する為、外周を何周かグルグル回った。
アクセル・ブレーキは、全然問題無いのだけど
3速から2速へのシフトダウン時に、ギアが入らず、どうしてもニュートラルになる。
シフトレバーの感覚がつかめずに、この後も少々苦戦する。

このあと、S字走行・クランクと慣らし程度に回った。
カーブ抜けの加速・カーブ手前の減速を
少しオーバー気味に行うよう注意を受ける。

教官が横に着きながら並走して、アドバイスを受けながら走行していたら
カーブを小さく回る箇所で、若干先を行く教官が徐行しながら
「この間を行け」とばかりに、幅を持たせて曲がったんだろうけど
私にとっては、その狭さが「無理っ」と判断したようで慌ててしまった結果
微速な状態で、バイクをガシャン・・・あぁ、やっちまった・・・と落胆。

その後、なんなくスムーズに流れて、1時限目は終了。

意外だったのは、始めの説明で「2段階から入るから」と言っていた
波状路走行を、いきなり始めたことだった。
ガタガタに、ビビるビビる・・・へっぴり腰でしたよ。自分でも分かるほどに。
数回やったら、だいぶ慣れましたけどね・・・

クラッチは、最初に「大丈夫」と思っていたけど、
あれだけ色々やると、さすがに左手に来ましたね。
スポンサーサイト
20 : 09 : 05 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<大型二輪教習、1日目(2時限目) | ホーム | 大型自動二輪教習・・・>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://molelife.blog66.fc2.com/tb.php/217-e91e6224
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

チビもぐら

Author:チビもぐら
バグに怯える、プログラマ(28歳)
目標は、シリコンバレーでも通用する技術者
みぃくし
Twitter

ついったビュー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

BlogPeople リンク

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。