スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

大型二輪教習、6日目(10時限目)

本日、残りの3時間を行い、教習を終了予定。

まずは、10時限目。
はじめに、ウォーミングアップを兼ねて、教官について
周回コースを適当に、グルグル・・・
バイクに慣れたところで、検定コースのNo.2を先導なしで
走行するように言われ、試験同様に走行開始。
頭で順序を思い出しながら考えていくと、間違わずに行けるのに
実際走行しながらやっていくと、ごっちゃになってしまう・・・
これは、痛いなぁ・・・・

一箇所、どうしてもごっちゃになってしまう箇所があって
なかなかシックリこない。
ちょっと、教官のフォローもありつつ、なんとかゴール。
バイク操作に問題は無く、走行技術云々については大丈夫と言われた。

コースについては、検定中に間違えたとしても減点対象にはならないので
間違った際にも落ち着いて走行すれば、大丈夫との、お言葉。

最後に、確認の意味も込めて、「違うコースを回りたい」とお願いをし
No.1の方のコースも回らせてもらった。
最初の方は、順調にいくものの、中盤あたりになると
やっぱりごっちゃになってしまって、コースをそれてしまった。

挙句の果てには、追従していた教官に、カマを掘られそうになった・・・

自動車の後ろを追従しながら、この先、右に曲がる予定だったので
右に方向指示ランプを出し、目視確認、右寄り走行を始めたところ
前方の車が速度を落として、右方向指示ランプを点灯させた・・・

だいぶ交差点が接近してからの、車のランプ出しだったので、
ちょっと驚いてしまって、ちょい急ブレーキ・・・・・
その際、追従の教官は、他のインストラクターとのアイコンタクトを取っていたらしく
(要は、よそ見運転をしていたよう・・・・)
教官が、私のバイクに、カマを掘る前になんとか回避できたものの
教官自身のバイクを転倒させてしまった・・・

これには、ちょっと驚いた。こんな事があるのか・・・と。
まぁ教官と言えど、人間であることに変わりはないから、しょうがないけどね。
そんなことも、ありつつ、10時限目も終了。

スラローム走行・一本橋・急制動など
きちんと締めるところは締めて、落ち着いて運転できれば
法規制走行も出来ていたので大丈夫でしょう、との言葉を頂き、一安心。
スポンサーサイト
20 : 07 : 38 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<大型二輪教習、6日目(11時限目) | ホーム | 大型二輪教習、5日目(9時限目)>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://molelife.blog66.fc2.com/tb.php/229-14c89b0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

チビもぐら

Author:チビもぐら
バグに怯える、プログラマ(28歳)
目標は、シリコンバレーでも通用する技術者
みぃくし
Twitter

ついったビュー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

BlogPeople リンク

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。