スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

大型二輪教習、6日目(11時限目)

10時限目に続いて、11時限目。
この時間は、シュミレーション走行となり、ゲームセンターにあるような
機械を使って、危険予測・回避の走行実習をした。

ただ、本来は3人で行うと実習内容らしいのだけど
今日のこの時間は、私一人だったので
シュミレーションを行う前に、教官の小ネタ講義を受けた。
原付バイク・普通二輪バイク・大型二輪バイク、それぞれの
特性や違いを、教えて頂いた。
小型バイクの中には、ピンク色のナンバーがあったり
250ccバイクのナンバーには、外の緑枠が無い事や
大型二輪免許が教習所で取れるようになった理由(※1)なども
ここで教えてもらった・・・・
ちょっとした小ネタで、面白く聞くことが出来た。

この後、本題の危険予測・回避の話を聞き
実際にシュミレーターで実施走行を行った。

ある程度、予測ができてしまって、ほとんど回避してしまったので
教官的には、なんともつまらない感じになってしまったかもしれなかった。
1・2箇所、ブレーキのかけ具合が間に合わず、軽くドスったけど・・・
大きな激突ではなかった気がする・・・うんうん。

昼間2パターン、夜1パターンをこなしたけど
「よくあるある場面」が多かったように思った。
・交差点で、右折の対向車の陰からバイクがでてくる
・住宅街で、ボールが路地から出てきた後に、子供が飛び出し
・交差点手前の駐車車輌の陰で視界が悪い路地から、車の飛び出し
などなど。


シュミレーターのバイクの感触が、掴みにくかったのが難・・・

※1
海外バイクメーカからのバッシングが、大きな要因だったらしい
当時、大型二輪は試験所で取得する「一発試験」が主流で
所持者が限られた数しか居なかったために
海外バイクメーカーが「日本でも売れるように、なんとかしろ」と
バッシングを受けたのが、大きいとの話を聞いた。
スポンサーサイト
20 : 29 : 55 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<大型二輪教習、6日目(12時限目):2段階見極め | ホーム | 大型二輪教習、6日目(10時限目)>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://molelife.blog66.fc2.com/tb.php/230-70cbc6f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

チビもぐら

Author:チビもぐら
バグに怯える、プログラマ(28歳)
目標は、シリコンバレーでも通用する技術者
みぃくし
Twitter

ついったビュー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

BlogPeople リンク

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。