スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

「メンドクサイ」を、やりませんか?


僕は最近「自分が何をして、社会に貢献していけるのか」という事を、よく考えるようになった。”どんな事をして、人を喜ばす事ができるのだろうか”とか”これから先、何をして自分の内面にある<幸せ感>のようなものを作っていこう”とか・・・あれこれ考えている。
そんな事をアレコレ考えてる間にも世の中には、どんどん、どんどん人の生活を豊かにする、『便利なモノ』が考えられ作られている。それらは、時にはサービスとして提供されていたり、または店頭にならんで売られていたりする。本当に次から次へと新しいモノが出来上がって、僕の目の前に現れてくる。あまりにも出てくるタイミングが早すぎるため、「僕にとって本当に必要なモノはどれか?」という判断をするにも、天秤のカップに入りきらなくて判断しかねているほど・・・笑
そういう状況の中で、僕の中に芽生えて来たものがあった。それは「便利になる事での嬉しさ」と「便利になる事での寂しさ」だ。僕自身でも、この気持ちが”どうして湧き上がってきているのか”というのは、うまく表現出来ないで居る。分かっていることだけ、以下に書こう。(近い将来に、きちんと表現できる僕がいる事を願って・・・)
なぜ、「便利になる事で嬉しい」の?

生活が”楽”になるのは、誰にとってもいい事だと思うから。

■なぜ、「便利になると寂しい」の?
大事な”なにか”を忘れてしまいそうな気がするから。

これしか、今は表現できない....あんぽんたん。。。

■新幹線とバイクでの、帰省
僕の実家は、東北にある。18歳で東京に出てきてから、数年間は常に新幹線のみでの帰省だった。だけど、たまたま出合った「ちょっとした出来事」により、僕は23歳の時にバイクを買うことにした。免許は、上京前に中型免許を取得済みだった(ブランク5年のペーパードライバー)ので、なんとかビビリながらではあるが乗り始めた。この出来事によって、僕の帰省方法には、2つの方法が出来た。一つは今まで通り、新幹線で帰る方法。と、もう一つは、バイクでチロチロ走りながら帰る方法だ。
新幹線で帰る場合は、東京駅から東北新幹線に乗って帰る。およそ片道3時間、一つの席でジッと暇つぶしをしながら、目的地に着くまで耐える事しか無い。。。また、本当の帰省ラッシュ真っ只中で帰ろうモノなら、一つの席どころか直立不動の格好で、3時間絶えなければならない時もある。人が多い場所が苦手な僕にとっては、結構息苦しい環境だったりする。でも、3時間という時間で帰れるという事を考えれば、考え方によっては「いい方法」になったりもする。
もう一つの方法のバイクで帰る場合は、僕のアパートを出て環状8号線に乗り、環状7号線を通り国道4号に出る。あとは、ひたすら北上するのみ。そう、僕は高速道路は使わない。あえて”下道”で、帰省をしている。なぜ?って言われても僕自身分からない。分かっているのかもしれないけど、上手い表現方法が分からない(そう、僕は、あんぽんたん。。。シツコイかな?)。ノンビリノンビリ、自分のペースで走って帰れる、この方法は所要時間が9時間もかかる。単純計算でも、新幹線の場合と比べると、ざっと3倍の時間がかかる。運転が上手なベテランさんが走ったならば、もっと短い時間で帰れるのだろうけど...僕はマイペースを崩したくないので、これで良しなのです。夏の帰省時は、体力の続く限り、バイクで帰ろうと今は考えている。
冬の帰省時は、東北の積雪状況を考えれば、バイクで帰るのは無謀としか言いようが無いので、仕方なく新幹線で帰ることになる。もし、冬でも雪が降らない状況があるならば....僕は、迷わず「バイクで帰るっ!!」というに違いない。誰かに、こんな話をすると「おまえ、ばかだろっ!9時間かけて帰ってくるよりも、3時間で帰ってこれる・・(略)」と言われる...でも、これは僕にとっては、ありがたい誉め言葉として、今は受け止めている。


■なぜ、そんなにバイクで帰りたがるのか?
なぜか・・・上手くは言えないが一つだけ確かなことは、新幹線で帰った時と比べると、比べ物にならない程の「達成感」を得られるのは、確かな事。新幹線で帰ると「連れてこられた感」というか、電車の中という束縛から解放されたがための”やっと、着いた?!!(テンション下げ気味)”は感じる。だけど、「自分で帰ってきたんだよ」の達成感から来る”やっと、着いた?(テンション上げ気味)”とは、比べ物にならない。これが、僕がバイクで9時間もかけて帰りたい理由の一つかもしれない。
そして書きながら思い立った事は、「におい」を感じられる事かもしれない。気温の上がり下がりや、その場所場所で聞こえる音、ちょっとした匂いを五感で感じられる...

■で、なんで『「メンドクサイ」をやりませんか?』なの?
いろんなサービスや商品が提供されていく、今の世の中で「楽だから」「時間がかからないから」といった理由だけで、これから先も、どんどん生活を楽にしていってもいいのかな?って思い始めたのが、キッカケ。僕にとって、生きていくのに不便な事は、現在の状況では、あまり感じられないまでに楽になった、と思っている。「人間は欲の塊だ」と誰かが言っていたのを、僕は知っている。これは、まさに本質をついているように最近になって実感し始めた。
「本当に、本当に、このまま、楽な生活を求めていった方がいいのでしょうか??」僕にとっての、これからの課題になりそうな感じがしています...

スポンサーサイト
03 : 36 : 36 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「終わりにみた街」を、リアルタイムで鑑賞 | ホーム | ある事と日常の両立>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://molelife.blog66.fc2.com/tb.php/62-aeec8be0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

チビもぐら

Author:チビもぐら
バグに怯える、プログラマ(28歳)
目標は、シリコンバレーでも通用する技術者
みぃくし
Twitter

ついったビュー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

BlogPeople リンク

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。